スーツ姿

スーツ姿

スーツを着るような仕事関係ではない彼が

久しぶりにスーツを着ている姿をみました。

そのスーツは、私と一緒に選んだスーツでした。

以前、彼は黒のスーツを持っていないという事だったので

1枚くらいしっかりした黒のスーツは持っていた方がいいと思い、

彼もほしいという事だったので一緒に買いに行きました。

その時は見慣れないせいもあり、あまりしっくりこなかったのですが

スーツを着慣れてきたせいか、久しぶりに見たスーツ姿は

別人かと思うほど素敵に見えたのです。

人それぞれと思いますが、男性が素敵に見えるファッションって

やっぱりスーツ姿だと思うんです。

清潔感があって、インテリ系に見えつつ男らしく見えるなんて

スーツの威力って凄い。

これで時計なんかしちゃって、ちょっと腕をまくりつつ

時計を見るしぐさを目の前で見た日にはドキっとしてしまいます。

男性のスーツ姿が大好きな私ですが

好きな分、こだわりも強く、スーツの着方にはちょっと厳しめです。

ラインが体系にあってなかったり

腰の位置が高すぎて裾が短くなっていたり

逆に腰の位置が低すぎて胴長になってしまっていたり

きちんとクリーニングされてなかったり

襟や手首の裾が黒く汚れていたりすると

せっかくのスーツ姿が台無しです。

細かいことかもしれませんが、女性って結構細かい部分を

しっかりチェックしてたりすると思います。

そんな女性目線で選んだ、彼のスーツは、時間をかけて厳選した甲斐もあり

遠くから見ても近くで見てもラインはばっちり。体系にあっていて着丈も完璧。

普段、ジーンズを腰で穿く彼の腰位置も修正し、理想のスーツ姿そのものです。

ただし、今の体系に合わせて購入したスーツなので

少しでも体重が増えてしまうと、ラインがおかしくなってくると思います。

今後、体重が増えないとは限りませんし、そのたびにスーツを新調していては

とてもお金がもちません。

少しサイズにゆとりをもたせてもいいのかもしれない

そういう考えが頭をよぎるのですが、そんな時、昔見たスーツのCMを思い出しました。

スーツを選びにきた夫婦のCMで

今までと同じサイズのスーツを買おうとしますが

体重た増えたせいか、少しサイズがきつめになっているという設定です。

旦那様が「もうワンサイズ上をとってくれ」と奥様にお願いします。

すると奥様は、サイズをあげるのではなく、ダイエットしようと旦那様へ提案するのです。

何年、何十年も前のCMなのですが、こういうのが本当の愛情なんだろうなと

思ったのが印象的で今でも覚えているのです。

そこでブレーキがかかり、やっぱり今の体系に合わせてスーツを買おうと決心しました。

彼が歳をとり、スーツが入らなくなってきたら、私も同じ事を彼に言ってあげたいです。

久しぶりに見た彼のスーツ姿に、改めて惚れなおした私ですが

今はこの事は彼には黙っておこうと思います。

いつかゆっくり、お酒を飲みながら「実はね・・・」と話せる時が来るのを

楽しみにとっておこうと思います。

シエンタ

秋の花粉も侮れない

花粉といえば春。しかし秋の花粉も侮れないものです。イネ科が中心の花粉が活躍する秋も、春と同様に花粉に気をつけて外出する必要があるのです。油断していると、すぐに鼻水とくしゃみが止まらなくなってしまいますよ。

雑草の多い河川敷や公園、田園の近くに住んでいる方は、特に要注意です。都会に住んでいる方はあまりそのような場所が少ないため、比較的安心かもしれませんが、旅行や出張で地方や田舎に出向いた際、花粉をもらってしまう恐れがありますから、マスクを持ってお出かけした方がよいでしょう。

春の花粉特有のスギ花粉やヒノキ花粉と比べて、秋の花粉は風に乗って遠くまで飛散する恐れが無いのが幸いですが、花粉をもらってしまっては同じです。鼻水とくしゃみ、そして目のかゆみに悩まされてしまいます。

折角涼しくなってきた秋の季節を台無しにしないよう、花粉に気をつけて夜のお月見など季節を楽しみましょう。

私は秋の月見が大好きなもので、暇を見つけてはバイクでふらっと近くの川橋まで散歩に出かけます。そこで、自宅から持ってきた魔法瓶入りのホットコーヒーをすすりながら虫の音をBGMにして月をただ、ぼーっと眺めるのです。これが秋一番の楽しみです。

ですが、川側ということで、当然雑草が生茂っています。風がちょっと拭いている日なんかは、花粉が漂ってくるのでは無いかと心配なので、マスクを持っていっています。

数年前までは、マスクなんて持って行ってはいませんでした。なので、お月見を終えて帰ると鼻水くしゃみが出て仕方が無い日が良くありました。当時は「バイクの風にあてられて体が冷えたかな?」と思っていたのですが、今思うと、あれは風のせいではなく、川側の雑草からまってきた花粉が原因だったのだと分かります。

私はそんなに花粉症になりやすいというタイプでは無いので特に毎年花粉に過敏反応はしませんが、酷い反応を示してしまう人にとっては秋の花粉も侮れないことでしょう。

花粉に弱い友人も早速「今年も早々に秋花粉をやってしまった」と嘆いている人がいます。その人は農家なので、どうやっても秋花粉から逃れられないとのことです。

花粉に弱いのに農家だなんで、大変ですよね(笑)。